「自分の好きなことが分からない」を解決する2つの方法

こんにちは^^ayukoです。

今日は、誰もが必ず考えるであろう「自分の好きなこと」についてです。
何となく好きな事はあるけど、これ!ってのが分かりにくいと思っていらっしゃる方に、お勧めの方法を紹介します。

自分の好きを細かく知る事は、仕事選びやライフワークに繋がる事にもなると思うのです。
参考にしてみて下さいね。

「自分の好きなことが分からない」を解決する2つの方法

「本屋に行く」

是非、大きな本屋さんへ行ってみて下さい。
本屋のフロアをじっくり一周して、自分はどこで立ち止まり本を手に取るかを意識してみてください。
とても簡単な方法ですが、普段は無意識にしている事なので気づかない事も多いです。

本屋にはあらゆるジャンルを網羅するほど沢山の本が並んでいます。
あなたは、どの分野の本を手に取る事が多いですか?
気になっている分野から考えてみると、自分の興味が簡単に分かると思います。

私の例をあげると、昔からよく行くエリアが「心理学」や「精神世界」「スピリチュアル」でした。
目に見えない世界や精神世界の探求が好きな事が分かります。

次に音楽の本が並んでいるところ。ファッション雑誌も気が向いたらチェック。
音楽を聴く事や、ファッションが好きな事が分かります。
インテリアやおつまみ系の料理本もその時の気分でチェック。⇒「居心地のいい空間で過ごす事や、お酒とそれに合う食事を楽しむ事が好き。」この様な事が分かります。

私の部屋の現在の本棚も、上記の分野の本が興味の度合と比例して並んでいます。
あなたの本棚はいかがでしょうか?

② 自分の感覚を取り戻し磨くために、徹底的に自分がどう感じるか(自分軸)を意識する事

自分の気持ちよりも誰かのためや社会の秩序などを優先にして長年頑張ってきた人は、自分の気持ちを優先させる事に慣れていません。

子供の頃から「周りのみんなと合わせることが大切」という価値観の元で育てられた場合、それが大切なんだと思って大人になるので、周りの人や社会の秩序、要するに自分の外側に意識を置きがちになります。
自分の気持ちをしっかりと見つめる事の大切さを置き去りにしたまま大人になってしまいます。
私もかつてはその傾向が強かったのでよく分かります。
日本ではすごく多いのではないでしょうか。

しかし自分の気持ちを優先しないという習慣は、感情の我慢をする事に繋がります。
好きなことに対しても嫌いな事に対しても、感情の我慢を繰り返していると、自分の感覚に埃がかぶった様な状態になり、感覚や本心が分かりずらくなってしまう、鈍った状態になります。
結果「自分の好きなことって何だろう??」と分からない事態になってしまう事があるのです。
ですから、まずはその埃を取り払い、感覚を取り戻す必要があります。

感覚を取り戻すのに有効な方法を一つ紹介しますね。

日常の細かい行動から、自分は本当はどうしたいのかを意識する。

例えば・・
よくランチするカフェで、一番リーズナブルだからという理由で毎回日替わりランチを
頼むけれど、本当に今日は日替わりランチが食べたいのか?を自分で感じてみる。
など、

コツは、思考を止めて気持ちを感じる事。
上記の例だと、「日替わりランチが一番安くてドリンクもセットでコスパもいいから・・」←思考中
でも「今の気分は本当はエビとアヴォガドのサンドイッチが食べたいかも。」←こちらが本音
予算の都合で実行するかしないかは別として、自分の気持ちをきちんと分かってあげましょう。3回に1回くらいは、金額優先ではなく自分の素直な気持ちで選ぶのも良いかもしれませんね。

自分の気持ちを日常の生活で細かく観察し、優先させる事を地道にしてると、感覚がどんどん鋭くなっていきます。
そうすると、自分が何が好きなのかがよりクリアになってきます。
あっという間に鋭くなったと実感する人、数年かかる人。個人差はあると思いますが、必ず実感すると思いますよ。

今の自分を見つめるタロットセッション行っています。
こんな方にお勧めです。

✓ 悩んでいて、気持ちのモヤモヤをスッキリさせたい方
✓ より深い気づきを得られる様、サポートがほしい方
✓ 占いを何度受けても根本の問題は解決していない気がする方
✓ 問題解決に向けてのヒントが欲しい方

タロット個人セッションの詳細はこちら